口永良部噴火 住民が屋久島に避難


なんか口永良部噴火って気になりますよね。

話題性のあるデバイスなどが日々ニュースフィールドにあがってきますが口永良部噴火のニュースを聞いた事がありますか。

友達との会話でも会話にでますし、かなり注目をして調べたりしている方も多いと思います。

私も意識的にニュースやツイートを少し集めてみました。

一週間程前にも気になって、口永良部噴火を検索をしてみて改めて感じたのですが、Gニュースでもニュースになってました。

新規の商品が世の中に反映され日頃の生産性があがるというのは嬉しいなと感じます。


口永良部島で爆発的噴火 火口付近で黒煙の瞬間(15/05/29)






口永良部噴火、火山灰の流れ鮮明に ひまわり8号が撮影 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150529-00000043-asahi-soci


 気象庁は29日、試験運用中の気象観測衛星「ひまわり8号」が、口永良部島の噴火に伴う火山灰の動きを捉えた映像を公開した。カラー画像で解像度も高まったため、灰色の火山灰の動きが鮮明に読み取れる。

 気象庁によると、同日午前9時50分から午後1時の間、ひまわり8号が2分半ごとに撮影した画像をつなぎ合わせた。火山灰は噴火直後、上空の低いところでは西に、高い所では屋久島の上空を通り、東南東の方向に約100キロを超えて拡散した様子が確認できるという。同庁HP(http://www.jma-net.go.jp/sat/data/web89/himawari8_sample_data.html)で見ることができる。

















posted by 倭太郎 at 20:14 | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンチラ2015 写真展が開幕


友人と話していてパンチラ2015 写真展が開幕の話題がでたので、それについて書いてみます。

ちかごろパンチラ2015 写真展が開幕というのがかなりフィールドに流れているように感じます。

先にあげたパンチラ2015 写真展が開幕というのはこれまでに全くと言っていい程気にした事がなかった情報だったのですが頻繁に目についたので気になって簡単に調べました。

簡単に、調べてみましたが、パンチラ2015 写真展が開幕って少しだけ話題になっていると感じました。

いいタイミングですから、この記事でもパンチラ2015 写真展が開幕の参考情報をできる範囲でピックアップしてみました。

さらに細かいツイートやニュースはご自身でググルなどして簡単に調べてみると良いかと思います。



写真展「パンチラ2015」浅草橋で開幕…写真集も販売



パンチラ見放題!パンチラに特化した写真展「パンチラ2015」開催決定wwwwwwww






ヤフーニュースより引用

見てもいいんですよ? 写真展「パンチラ2015」開幕 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150209-00000074-it_nlab-cul


 パンチラをテーマにした写真展「パンチラ2015」がスタートしました。会場には写真家・イラストレーターらによるパンチラ作品が計約50点、1階にはA4サイズまでの当日参戦者の作品が、2・3階にはA2サイズまでの本戦参戦者の作品がそれぞれ展示されています。偶然の瞬間を再現した正統派パンチラあり、パンモロじゃねーか!とツッコまずにはいられない作品あり、キラキラした幻想的なパンチラありと、パンチラ好きもそうでない人もトキメかずにはいられない作品ばかりです。【その他の画像】会場の様子。パンチラ記念撮影ブースも 初日となった9日は平日の月曜日にもかかわらず、開場から4時間で約300人ほどが訪れたそうです。浅草橋の路地裏が、ものすごい熱気に包まれていました。来場者は、カップル、男性グループ、単独女性などさまざまで、作品を見ながら「あるある」「こういうの理想!」「こんなパンチラありえねー。でもいいな(笑)」と、話しながら盛り上がっているグループも。

 パンチラに対する思い出や理想は人それぞれ、作品をとおして、お互いの性癖がチラリとこぼれている風景は、それ自体が作品になってしまっていました。

 1階の記念撮影ブースでは、主催者の1人ナマダさんのパンチラ撮影用スカーツ付き等身大パネルが用意されていました。記者もまわりの目を気にしつつ、スカートを片手で持ち上げて撮影していたら、ナマダさん本人から「めくりますか?」と声をかけていただきました。まさか本人にスカートをめくってもらうとは……。

 ナマダさんは、パンチラについて「老若男女共通の、うれし恥ずかし奇跡体験だと思います。恥じらいの思想が発達している日本ならではの感覚かもしれませんが、世界に羽ばたいて欲しい日本の奥ゆかしい文化です!」とも語っていました。

 ちなみに、実は記者もこの写真展に参加しています。1階の何か全体的に赤い写真です。撮影プランを考える過程では、自分の頭の中にあるパンチラに関する思い出、理想、希望、夢、逆にパンチラる側の感覚にも思いを寄せました。また、他人のパンチラ作品がどうなるのかも気になり、自分の作品がパンチラ愛を刺激できるのか、苦しい日々がずっと続いていました。

 他の写真家も同じような思いだったのか、話を聞いてみると「どこまでやっていいのか、他の人がどんなパンチラ撮ってくるのか、プレッシャーでしたよ」など、それぞれ葛藤があったようでした。撮影裏話も人それぞれ。

「冬の屋外撮影だったので、ちょうどいい風がなかなか吹かなくて苦労しました。風が強すぎると髪の毛や顔がちょっと乱れすぎるし、弱すぎるとパンチラが弱い。顔とパンツをいったりきたり、そのバランスと寒いなかどこまで待つかで」

 会期中、会場には作家も在廊している時間も多いそうです。作品を楽しみつつ、そういった話をして楽しむというのもよいのでは?

 パンチラ2015は、東京都台東区浅草橋のレンタルギャラリー「Photons Art Gallery」にて2月9日から15日までの10時〜20時に開催。展示作品を集めた写真集(A5フルカラー64ページ、1000円)も販売中。








posted by 倭太郎 at 14:43 | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸新幹線 かがやき グランクラスについて


ちょっと気になっていましたが調べるタイミングがなかった北陸新幹線 かがやき グランクラスについて調べてみました。

北陸新幹線 かがやき グランクラスの話題は聞いた事があるでしょうか。

新しい商品などがたくさんタイムラインに表示されてきますが、よく取り上げられる北陸新幹線 かがやき グランクラスなので、話題を確認しているというような方もそれなりにいるのではないかと思っています。

新規の北陸新幹線 かがやき グランクラスが世に反映され繰り返す日常の便利さがあがるのは、喜ばしい事だと感じます。

参考情報を少々ピックアップしますね。

ほかの細かいツイートやニュースは、実際に自分で検索をして調査をしてみてみてはいかがでしょうか。


かがやき グランクラス 北陸新幹線


北陸新幹線デビュー!グランクラスもお披露目・・



航空券徹底比較『スカイスキャナー』






北陸新幹線にも「グランクラス」 実に快適と大前研一氏絶賛 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150109-00000004-pseven-bus_all


 2015年に起きるブームは何か。様々な予測が出ているが、大前研一氏は3月に開業する「北陸新幹線」に注目が集まるのは間違いないという。これまでの新幹線開業と北陸新幹線との違い、導入される新幹線のファーストクラス「グランクラス」の魅力について、大前氏が解説する。

 * * *
 2015年に新たなブームとなることが確実なのが「北陸新幹線」だ。3月14日に金沢・富山〜長野間が開業し、速達タイプの「かがやき」(1日10往復)は、現在4時間前後かかる金沢〜東京駅間を2時間28分(富山〜東京駅間は2時間8分)で結ぶ。

 これまでも上越新幹線、東北新幹線、山形新幹線、秋田新幹線などが開業してきたが、それらの新幹線は終点の周辺に行くところや見るものがあまりない。

 しかし、北陸新幹線は別格だ。たとえば、加賀百万石の城下町・金沢の街は、日本三名園の一つである兼六園をはじめ、ひがし茶屋街、長町武家屋敷跡、近江町市場、金沢21世紀美術館など見所が豊富にある。

 金沢だけでなく、富山は「おわら風の盆」が有名だし、富山の隣の黒部宇奈月温泉駅は黒部峡谷と宇奈月温泉、金沢から北陸本線で25分ほどの加賀温泉駅は「関西の奥座敷」と呼ばれてきた加賀4湯(粟津温泉、片山津温泉、山代温泉、山中温泉)を擁(よう)し、近隣の観光地にも事欠かない。

 新鮮な日本海の幸、レベルの高い和食や和菓子など美味しいものが山ほどあり、加賀友禅、九谷焼、輪島塗、金沢箔、加賀蒔絵(まきえ)といった伝統工芸品も多彩だ。

 しかも、金沢から特急サンダーバードで1時間の和倉温泉をはじめとする能登半島、長野と糸魚川の間に位置する飯山および上越高原が首都圏からぐんと近くなる。

 とくに飯山は、冬になると私が毎週末スノーモビルを楽しみに通うほど大好きなところだが、周辺には斑尾(まだらお)高原や野沢温泉などの良質なスキー場と温泉がいくつもあり、春は千曲川のほとりに詩人の山村暮鳥(ぼちょう)が『風景』という27行の詩のうち24行を「いちめんのなのはな」と連ねて表現した、まさに一面真っ黄色の菜の花畑が広がる。

 また、北陸新幹線は車両(E7系/W7系)自体のデザインや色が洗練されていて美しい上、東北新幹線と同じくグリーン車よりも上位の「グランクラス」(旅客機で言えばファーストクラス)が1両(18席)導入される。通路を挟んで普通車は2席・3席、グリーン車は2席・2席の配列だが、グランクラスは1席・2席でゆったりしている。

 すでに長野新幹線の「あさま」にも導入されているので、試しに軽井沢へ行く際に利用してみたら、実に快適なのですっかりリピーターになってしまった。ハイエンド向けに「グランクラスで行く至福の金沢」というような高級パッケージツアーを作れば、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」と同様に大ヒット間違いなしだと思う。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号











posted by 倭太郎 at 17:59 | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。