岩隈久志が大リーグでノーヒットノーラン達成


新規の商品などが続々と話題に表示されますが岩隈久志 ノーヒットノーランに関するニュースをご存知ですか。

いろいろなところで意見交換にでますし、注目をして調べたりしている方も多いですから私も意識して岩隈久志 ノーヒットノーランに関することを分かる範囲で確認してみました。

先程も気になって岩隈久志 ノーヒットノーランをキーボードを叩いてみたのですが、ニュースサイトやツイッターでもニュースに上がっていますね。

こういったアイテムが世に流通し毎日の利便性が高まるというのは、よいですね。


岩隈久志 ノーヒットノーラン達成! "No-Hitter" Hisashi Iwakuma マリナーズ 2015年8月13日






ヤフーニュースより引用

【MLB】岩隈、運も味方につけてノーヒットノーラン! http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150813-00000216-ism-base

 もったいなかった。  12日、シアトル・マリナーズの岩隈久志投手は本拠地で行われたボルティモア・オリオールズ戦に先発登板。4回、先頭のマニー・マチャド三塁手を2ストライクと追い込みながら、4球連続でボール。最後の球は内角に外れたが、もちろんあそこはボール球で勝負する意図はなく、ストライクゾーンに投げようとして外れた。岩隈にとってはこの日、痛恨の1球ではなかったか。  あれで仮に打ち取っていたら?  少なくとも2死後、クリス・デービス一塁手に四球を与えることはなかったはず。デービスはこのシリーズ、8打数4安打、2本塁打、3打点と当たっていた。走者がいなければ勝負だが、2死でもあり、あそこは無理をする必要はなかった。  8回のジョナサン・スクープ二塁手への四球は疲れに見えた。7回までに90球。一般的には少ないほうだが、岩隈は後半戦に入ってから中4日での登板が続く。今回に関してはデイゲームだったので、いわゆる中3.5日。前回のテキサス・レンジャーズ戦では自己最多の118球を投げており、その後しばらく体の張りが取れなかったそう。  よって、それまでに1本でもヒットが出ていれば、ロイド・マクレンドン監督も躊躇することなく7回で交代させていたのではないか。無理をさせていることは分かっていた。  そんな一方で今回、岩隈にはツキもあった。  まずは天候。雨の多いシアトルだが、この時期は快晴が続く。ところがこの日、珍しく雷を伴った雨が午前11時過ぎから降り始め、屋根が閉められた。午後12時過ぎには晴れ間がのぞき、一旦屋根が開いたものの、試合が始まってしばらくすると再び雨雲が接近し、屋根が閉まった。  このことが何を意味するかといえば、打球の飛距離である。  夏場、シアトルは春先とは違って極端に乾燥する。すると、打球は伸びる。しかしこの日は湿気があったので、ボールは飛ばなかった。初回、デービスがレフトのフェンス際まで打球を運んでいる。あれが普段のシアトルの夏のデイゲームであれば、最後に失速したかどうか…。  8回のダブルプレーも大きかった。  1死一塁。その時点での球数は102球。ここから2つのアウトを取るのに2人の打者と対戦していたら、8回終了時点で球数は120球近くになっていたはず。それでも無安打なら9回のマウンドに上がったはずだが、120球を超えれば球の抑えは効かなかったかもしれない。あそこをダブルプレーで切り抜けたことは、岩隈を救った。  ミスにも救われた。7回、アダム・ジョーンズ外野手をセンターフライに打ち取ったが、あの3球目と4球目、捕手は低めに構えていたにかかわらず、いずれも真ん中高めに浮いた。ジョーンズもこのシリーズでは好調だっただけにヒヤリとしたが、打ち損じに助けられた。  さて、パーフェクトゲームとノーヒットノーランは、途中どこかで守備のファインプレーに救われるもの。今回、それは9回に出た。デービッド・ロウ外野手のフェンス際のファウルフライ。カイル・シーガー三塁手はフェンスとの距離を慎重に計りながら好捕した。  ただ、あの打球は落としてもファウル。落としたらノーヒットが消えるというケースとはプレッシャーが違う。そういう意味では、岩隈は最後までヒット性の打球を許さなかったことになる。  最後に興味深い数字を紹介したい。米スポーツ専門局『ESPN』の看板番組「スポーツセンター」で紹介されていたが、この日、岩隈がストライクゾーンに投げたのは40.5%で、キャリアでもっとも低い数字だったという。  そこには岩隈の投球術が映し出されている。数字だけを見れば制球力のない投手のようだが、まったく逆。例えば、四球が少ないからコントロールが良いという捉え方があるが、大きな間違いだ。制球が良い投手とは、相手にボール球を振らせられるような投手のことを言う。  この日の岩隈は、際どいゾーンでボールを出し入れしながらボール球を振らせ、凡打の山を築いた。岩隈の真骨頂が見られた。











posted by 倭太郎 at 22:28 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田真央が姉と大ゲンカ


ネットサーフィンしていたら浅田真央 大ゲンカが気になったので調べてみました。

よかったら読んでみてください。





この近日ツイッターで浅田真央 大ゲンカが結構己のタイムラインに表示されていませんか?浅田真央 大ゲンカというのはこれまで全く気にした事がない情報でしたが驚く程に目につくので多少なりとも検索してみました。

実際にPCを開いて分かる範囲で調べてみましたが浅田真央 大ゲンカって少し話題になっていると感じました。

良いタイミングだと言えるので、このブログでも浅田真央 大ゲンカの参考記事をできる範囲でピックアップしてみます。

他の詳しいツイートやニュースは、ヤフー検索等で検索をして確認をして欲しいと思います。












"

浅田舞「キレイで柔らかい」巨乳にお悩み http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141105-00000069-nksports-ent

 女子フィギュアスケート浅田真央(23)の姉でスポーツコメンテーターの浅田舞さん(26)が4日深夜放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」で、巨乳が悩みであることを告白した。

【写真】ビキニ姿!? の写真をTwitterで公開した浅田舞さん 浅田は最近の悩みとして、「胸が大きいこと」を挙げる。

「胸に目がいってしまうのは嫌だ」と困り顔で、アイスショーのときはいつもさらしを巻いていると打ち明けた、 また、浅田は、歌手で女優のソニン(31)の「ダンスのとき腕が胸にボンッて当たらない?」という質問に、恥ずかしげにうなずく。

さらにお笑いタレントの渡辺直美(26)は、浅田の胸を触ってみて、「でっけぇ! 形もキレイで柔らかい」とビックリ。

このように相当なサイズである様子だったが、カップ数については明かされなかった。









タグ:浅田真央
posted by 倭太郎 at 21:32 | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高橋大輔が引退会見


ニュースを見ていたら高橋大輔 引退が気になったのでネットで調べてみました。

"

織田信成&安藤美姫、高橋大輔引退に「お疲れ様」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000033-flix-ent

 安藤も自身のInstagramで「大ちゃんお疲れ様!! 高橋大輔というスケーターと同じ時代に選手生活を送れてとても嬉しく誇りに思います。

世界中に愛されてる高橋大輔が私も大好きです!!」と高橋を称賛した上で、「これからも大ちゃんの人生 大ちゃんらしく輝いていける悔いのない選択をしてね(*^^*) 応援してます!! 沢山の感動をありがとう」と応援のコメントを投稿した。







注目したくなるデバイスなどがいっぱいタイムラインに流れてきますが高橋大輔 引退などの話題は聞いた事がありますか。

仲間との間でも話題に頻繁に上がりますし注目をしている方もいると思いますので私もこのタイミングで高橋大輔 引退に関することを簡単に集めてみました。

一昨日も高橋大輔 引退をキーボードを叩いてみたのですが、ニュースサイトやツイッターでもニュースになっていると感じました。

新しい技術が日常にでて来て生活の生産性が向上するというのは嬉しい事だと感じます。







"

織田信成&安藤美姫、高橋大輔引退に「お疲れ様」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141014-00000033-flix-ent

 フィギュアスケーターの織田信成と安藤美姫が14日、引退を表明した高橋大輔に向けたねぎらいの言葉をつづった。

【写真】 織田信成の回転パフォーマンス ソチ五輪の際には、テレビ番組で競技を終えた高橋へのインタビュー中に感極まって号泣するなど、普段から仲の良い様子を披露してきた織田。

ツイッターに「大ちゃん長い現役生活お疲れ様でした。

怪我もあり苦渋の決断だったと思いますが、これからも大ちゃんらしく笑顔で突き進んで行ってほしいです」とこれまでの苦労をねぎらう言葉をつづり、「一緒に練習できた事、試合に出た事は僕にとって大切な思い出です。

本当にお疲れ様でした。

」と振り返った。








posted by 倭太郎 at 18:59 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。