新型ロードスターに試乗してみたい


なんか新型ロードスターに試乗してみたいって気になりますよね。

おっ!と思うようなデバイスなどが常日頃ニュースフィールドにあがりますが新型ロードスターに試乗してみたいのニュースを聞いた事があるでしょうか。

何かと意見交換にたまにでますし、相当注目をして調べたりしている方などもいますから当方もこれを機会に情報を簡単にリサーチしてみました。

いまさっきも意識をして新型ロードスターに試乗してみたいを検索してみて改めて感じたのですがツイッターなどでも話題になってました。

このアイテムが日常にでて来て日頃の利便性があがるというのは、良いことですね。


【感激!】マツダ新型ロードスターに一番乗り! #LOVECARS


【感動】マツダ新型ロードスター、ファーストインプレッション #LOVECARS





マツダ新型「ロードスター」画像ギャラリー ─ 目標重量1トン、1.5リッターで131馬力 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150202-00010002-clicccarz-bus_all


2014年9月に日本をはじめ世界3か所で同時公開されたマツダの4代目ロードスター。東京オートサロン2015では、2015年6月の国内販売スタートが予告されるなど、そのデビューに向けてカウントダウンは始まっています。【画像ギャラリーを表示】そんな次期ロードスターの、エンジン出力や車重といった詳細スペック(目標値)が公開されています。

スタイリングは見慣れた印象もある次期ロードスター。スペックもじわじわと公表されていく模様です。

仕向地によって、1.5リッターと2.0リッターのSKYACTIV-G(ガソリン直噴)エンジンを使うことは、すでにアナウンスされていますが、日本仕様の目標スペックには、1.5リッター版を搭載していることが明記されました。


その最高出力は131馬力、最大トルクは150Nm。ロードスターの伝統に則ったのか、パワー自体はアピールする数字ではありませんが、最高出力を7000回転で発生する高回転ユニットは、スポーツドライビングの楽しさを感じさせてくれそうです。

『1.5リッターユニットは、軽量ボディとの組み合わせにより、街乗りからタイトなワインディング、そしてサーキット走行ま でワイドレンジ』なシーンをカバーするとされ、さらに『1.5リッターエンジンにおいては、タイトなワインディ ング路走行」をメインターゲットに加速フィーリングとエンジンサウンドを作り込んでいるといいますから、日本市場にはマッチしそうです。

だからといって2.0リッターがラインナップされないとも断言されていないので、二本立てになる可能性も捨て切れません。なお、2.0リッターユニットのメインターゲットは、「郊外路や高速道路のコーナリング』であり、具体的には『アウト バーンやアメリカのフリーウェイなど、高速・高負荷の走行シーンでも余裕を感じさせるパフォーマンスを追求』しているということです。

すでに発表されているように、エンジンをできるだけ車体中央に寄せることで、次期ロードスターでは前後重量配分50:50を目指しています。そうしたバランスと軽量化という目標のために、ボンネットやトランクリッド、フロントフェンダーなどを軽量素材のアルミとしています。


サスペンションはフロント・ダブルウィッシュボーン、リヤ・マルチリンク式。フロントアッパーアーム、ロアアーム、パワープラントフレーム、リアハブサポート、そしてフロントナックルがアルミ化されています。

そうした目に見えるハードウェアだけでなく、コントロール性についてもこだわっています。その基本的な姿勢は『クルマと対話しながらイメージ通りにコーナーを駆け抜ける』こと。そのために、シャシーとパワートレインをトータルで煮詰めているということです。

インテリアでは、スマートフォンと連携する「マツダ コネクト」を採用することがアピールされています。また、先進安全技術i-ACTIVSENSEの搭載も予告されています。


●新型ロードスター 開発目標スペック(日本仕様)
全長:3915mm(ライセンスプレート除く)
全幅:1730mm
全高:1235mm
ホイールベース:2315mm
車両重量:1000kg
乗車定員:2名
エンジン形式:SKYACTIV-G 1.5 直噴ガソリン
最高出力:96kW(131PS)/7000rpm
最大トルク:150Nm(15.3kg-m)/4800rpm
変速装置:6速MT
タイヤサイズ:195/50R16





コスモ石油のカーリース スマートビークル







posted by 倭太郎 at 21:26 | かー・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型車発表


ネットサーフィンしていたらトヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表が気になったので調べてみました。

よかったら読んでみてください。

ここ最近表示数がのびてるトヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表の情報などは確認していますか。

今日までに全くこのトヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表っていうのは、気に事したすらない話題だったのですが頻繁に目につくので気になって少しだけ検索しました。

トヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表をiPhoneで検索してみて改めて感じましたがSNSなどでもニュースになっているんですね。

良い機会情報を分かる範囲でピックアップしてみますね。


【価格 サイズ】2015 トヨタ 新型 アルファード ヴェルファイア詳細発表

【トヨタ新車発売】新型アルファード・ヴェルファイアがフルモデルチェンジ!!









ヤフーニュースより引用

【トヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表】吉田専務「法人のお客様の拡大に期待」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000045-rps-ind


トヨタ自動車は1月26日に都内で新型『アルファード』『ヴェルファイア』の発表会を開いた。開発部門を担当する吉田守孝専務役員は 「他社にないミニバンの高級車ができた。法人など新しいお客様が増えるだろう」との手応えを表明した。[関連写真]今回の全面改良では「新しい高級車の概念」を追求したというだけに、「堂々としたデザインに加え、居住性の面でも高級サルーンにふさわしい造りになった」と、アピールする。「1から作り直した 」プラットフォームにより、静粛性や乗り心地も大きく改良したことから「従来、ミニバンに乗っておられなかった方々にも乗っていただける」と見る。

これにより「当社の社長のように、法人のお客様も増えるだろう」と期待している。旧モデルでも法人比率は2割程度に達しているが、乗降のしやすさや、移動時の打ち合わせなどの利便性からも「さらに拡大するだろう」との見方だ。ちなみに豊田章男社長は、社用車の1台として従来モデルのヴェルファイアを愛用しているという。

《レスポンス 池原照雄》










posted by 倭太郎 at 23:32 | かー・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマハ YZF-R25はバイクの原点!?


新聞に載っていたヤマハ YZF-R25 バイクの原点について、ついつい調べてしまいました。

ヤマハ YZF-R25 バイクの原点が気になる人は読んでみて。





ヤマハ YZF-R25 バイクの原点というニュースを聞いた事がありますか。

新しい技術がいっぱいニュースフィールドに上がりますが、注目されているヤマハ YZF-R25 バイクの原点なので、チェックしているというような方もきっといるのではないかと考えます。

こういったようなヤマハ YZF-R25 バイクの原点が世に流通し日常の利便性があがるというのは喜ばしいなと思ってます。

参考記事を多少ピックアップしてみます。

他の詳細なニュース等はヤフー検索等でご自身でサーチをして調査してみてみてはいかがでしょうか。







【ヤマハ YZF-R25 試乗】バイクの原点がここに、“使い倒せる”パワーと車体…和歌山利宏 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141201-00000074-rps-ind

ヤマハ『YZF-R25』は原点を思い出させてくれるバイクだ。

そもそもバイクというのは「足代わりに気楽に使いながらも、気が向けばどこでも遊べる」ことが身上のはず。

昨今、様々な形でそうした“原点バイク”が多く出現しているが、R25は交通手段として普通に使え、ワインディングでのコーナリングはもちろん、エンジンを使い切ることさえもスポーツとして楽しめる。

[関連写真]ライポジは、フルカウルスポーツにありがちな強い前傾スタイルではなく、無理のない自然体。

足着きも悪くないし、装備重量は166kgと軽く、気楽に扱える。

ハンドル切れ角も34度とネイキッドモデル並みにあるので、小回りに事欠くこともない。

エンジンはやや高回転型なので、6速でトコトコ走りながら、自在にダッシュできるというほど中回転域トルクが豊かなわけではない。

でも、6段のトランスミッションを活用すれば問題はない。

幅広く使える一方で、スポーツバイクとして楽しめる。

決してライダーを焚きつけるわけでないが、マシンがしっかり応えてくれるので、もっと楽しもうという気にさせられる。

街乗りバイクよろしく軽快に流していくことができれば、レーシングマシンのようにダイナミックな荷重移動で駆っていくこともできる。

豊かな姿勢変化を生かした荷重コントロールが的確であるほどに曲がり、接地感も伝わってくる。

すると、自分とマシンへの自信も高まってくるというものだ。

エンジンには、性能を目一杯引き出す面白さがある。

7000rpm以上ならコーナーの立ち上がりでトルクカーブに乗れて、トルクピーク10000rpm辺りから一気にエンジンの様子が一変。

そして、レッドゾーン14000rpmの手前、13000rpm過ぎまで引っ張れば、かつての2サイクルを思い出すエキサイティングである。

R25の魅力はそれだけでない。

全てが等身大でバランスしており、マシンに負けることなく使い切ることができ、物足りなさを覚えることもない。

フレームは、かつてのヤマハ『RZ250R』を思い出させるワイドループのタンクレールを持ち、それでいてエンジン下部にダウンチューブはなくて、エンジンが剛性部材の役割を担っている。

その剛性バランスが絶妙で、36psのパワーともマッチングしている。

標準タイヤであるIRC製の『RX-01』バイアスタイヤは、タイヤ全体がフレキシビリティで安定したグリップ力を発揮し、豊かな情報量を伝えてくれる。

ラジアルタイヤのように荷重でタイヤを潰すといった個性もなく、自由自在だ。

これらに、必要にして過剰ではないブレーキ力、サスペンション性能などがマッチングし、生活の一部として無心に楽しめるフィーリングとなっているのだ。

■5つ星評価パワーソース:★★★★★フットワーク:★★★★★快適度:★★★★タンデム:★★★オススメ度:★★★★★和歌山利宏|二輪ジャーナリスト1954年生まれ、1975年にヤマハ発動機に入社し、様々なロードスポーツバイクの開発に携わり、テストライダーも務める。

また、自らレース活動も行ない、鈴鹿8耐第5回大会では4位入賞の成績を持つ。

現在は二輪ジャーナリストとして執筆活動、ライディングインストラクターなど多方面で活躍中。

《レスポンス 和歌山 利宏》











posted by 倭太郎 at 21:51 | かー・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。