介護業界は人材不足


なんか介護業界は人材不足って気になりますよね。





SNSで介護業界は人材不足というのが頻繁に己のタイムラインに表示されていませんか?介護業界は人材不足は、今日までに全然気にした事がなかった話題だったのですが、驚くくらいに目につくので気にして少々検索してみました。

実際に簡単に調べてみたのですが介護業界は人材不足って多少なりともニュースになっていると感じました。

良い機会ですから、このサイトでも介護業界は人材不足の情報を少し引用しますね。

より詳しいニュース等は、あなた自身でサーチをして調査してみてみてはいかがでしょう。







"

介護報酬の9年ぶり引き下げでどうなる?最大の課題・認知症ケアに本腰入らず http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141229-00064419-diamond-soci

 厚労省の介護保険改訂の審議が大詰めを迎えた。

消費税の10%アップが見送られたこともあり、介護サービスの総報酬が9年ぶりに引き下げられる。

審議会委員や介護業界からは撤回を求める声が一斉に上がったが、総報酬はあくまで政治判断。

予算編成の中で決まるため審議会としては立ち入れない。

 そこで、2014年の春先からからの審議過程を振り返り、改訂されるサービス内容を点検していく。

高齢者ケアの最大課題である認知症に焦点を当てた。

● 消費増税の延期で 社会保障財源は5000億円弱も減少へ 介護サービスの見直しを審議していたのは社会保障審議会介護給付費分科会。

夏から毎月2、3回の集中審議を重ね、年内最後の12月19日には論点の取りまとめに入ると同時に厚労省から新しい改定案が示された。

目を引くのは、特別養護老人ホーム(特養)と通所介護(デイサービス)の報酬引き下げである。

 サービス内容の改定案に入る前に、報酬の値下げについて関係官庁や業界の主張などを整理しておこう。

 同審議会の4日後に開かれた経済財政諮問会議では、改めて消費増税分を財源に想定していた介護サービスの絞り込みが確認された。

安倍首相は「社会保障の自然増も含め、聖域なく見直しを行う」と歳出削減を念頭に置いた考えを強調。

だが、かつての小泉首相時代の「社会保障費の伸びを年2200億円抑制する」といった目標数値を明示するほどの意気込みはなさそうだ。

 とはいえ、何しろ予算全体の3割超を超えるのが社会保障費。

2013年度予算の30兆5000億円を上回るのは必至である。

あてにしていた消費増税が延期されたため社会保障財源は5000億円弱も減ってしまい、介護報酬を引き下げが現実味を帯びてきた。

 かねてから予算編成にあたる財務省は引き下げ幅を6〜4%台と主張。

これに対して厚労省は1%程度に抑え込みたい意向だ。

1%値下げすると、投入する税は260億円削減できる。

 介護報酬は、3年ごとに見直される介護サービスと併せて改訂されてきた。

2015年から始まる3年間はその第6期目にあたる。

2014年度の介護保険総費用は約10兆円に達しており、介護保険が始まった2000年度の3兆6000億円から大きく膨らんでいる。

もし1%引き下げると、税や保険料、1割の利用者負担分など合わせて1000億円が浮く。

 だが、介護事業者への収入がそれだけ減額されることになり、人手不足の深刻化に拍車をかけ、現場のサービスの質にも影響しかねない。

介護職員の平均賃金は月約22万円で、同32万円の全産業平均との開きがなお進みそうだ。

 大幅な減額を唱える財務省がその根拠としているのは、特養やデイサービス事業者の「儲け過ぎ」の実態である。

収入と支出の差である「収支差率」が特養で9%近く、デイサービスで10%強。

一般の中小企業の利益率2.2%(13年度)を大きく上回っている。

 さらに、財務省は介護職向けに新たに「処遇改善加算」を設ければ、月1万円の給与アップが可能として、賃金の値下げにはつながらないと説明している。

 厚労省、介護業界側と財務省、官邸の攻防戦が年明け以降も続きそうだ。

2015年1月には決着がつく。











posted by 倭太郎 at 15:11 | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夫婦控除が検討されているようです。


世間話をしていたら夫婦控除の話題になったので調べてみました。





おっ!と思うような端末などが毎日のようにフィールドに表示されてきますが、夫婦控除に関する話題を知っていますか。

友達との会話でも話題に頻繁に上がりますし、それなりに意識して情報を集めたりしている人も多いと思いますので私も意識してニュースやツイートを分かる範囲で確認してみました。

つい先程も気になって、夫婦控除を検索してみて感じましたがSNSやニュースサイトでもニュースになっていますね。

このアイテムが生活に反映され日頃の便利さがあがるというのは嬉しいことですね。







「夫婦控除」を検討…妻「103万円」規定撤廃 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141213-00050127-yom-bus_all

 政府は、専業主婦やパートの妻がいる世帯の所得税と個人住民税を軽くする「配偶者控除」を見直し、新たに妻の収入にかかわらず一定額を夫の所得から差し引く「夫婦控除」を導入する検討に入った。

 新制度は女性の社会進出を支援するのが狙いで、配偶者控除の対象となる「年収103万円以下」の規定は撤廃されることになる。

 2015年度税制改正大綱に配偶者控除の廃止方針を盛り込み、16年度以降に新制度を導入する考えだ。

 配偶者控除は、妻の年間所得が38万円以下(給与なら年収103万円以下)だと、夫の課税対象となる所得から38万円(住民税は33万円)が差し引かれ、所得税と住民税の納税額が減る仕組みだ。

約1400万人に適用されている。

安倍首相が3月に見直しを指示していた。









posted by 倭太郎 at 22:50 | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

配偶者手当 共働きにも


なんか配偶者手当 共働きって気になりますよね。

"

配偶者手当、共働きにも 首相、見直し指示 女性就労促す http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000087-san-bus_all

 安倍晋三首相は21日の経済財政諮問会議で、主に専業主婦のいる官公庁職員や企業社員に支給されている「配偶者手当」の見直しを指示した。

まずは国家公務員の見直しを先行して検討する。

同会議の民間議員は、妻の収入が一定額を超えると手当が打ち切りになる今の仕組みを見直し、収入に応じて段階的に手当を減らす新制度を共働き世帯にも適用するよう提案。

手当を意識して働く時間を抑制する女性が多い中、制度見直しで、就業の促進を後押しする狙い。

 首相は会議で「女性の活躍に向け総合的に検討してほしい」と述べた。

民間議員は、平成27年度の人事院勧告から国家公務員の配偶者手当見直しを反映させるよう要請。

企業向けは、政府と経済界、労働界の代表が参加する政労使会議で議論するよう求めた。

 配偶者手当の支給額は26年で国家公務員が月1万3000円、会社員が月平均1万4347円。

配偶者の収入が103万円や130万円までなら満額が支給されるが、超えると打ち切りになるケースも多く、民間議員は「女性の働く意欲を阻害している」と指摘した。

 制度見直しが実現すれば、一定以上の収入がある共働き世帯では手当が増える一方、年収を抑制しながら働いていたパート主婦や専業主婦がいる世帯では手当が減額される可能性もある。

企業にとっては、従業員の年収や勤務時間の増加により、厚生年金保険料などの負担増となるケースもあるとみられ、議論は難航が予想される。







驚きのデバイスなどが続々とタイムラインに表示されますが配偶者手当 共働きに関する内容は知っているでしょうか。

友人の間でも話題によくでますしそれなりに意識して情報を集めたりしている方も多いと思います。

私もこのタイミングで配偶者手当 共働きに関することをできる範囲で集めてみました。

一週間程前にも配偶者手当 共働きをiPhoneで検索してみて驚きましたが、Facebookやツイッターでも話題になっていますね。

新規のアイテムが世の中にでて来て生活の便利さがあがるのは良い事だと感じます。







"









posted by 倭太郎 at 09:54 | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。