新型ロードスターに試乗してみたい


なんか新型ロードスターに試乗してみたいって気になりますよね。

おっ!と思うようなデバイスなどが常日頃ニュースフィールドにあがりますが新型ロードスターに試乗してみたいのニュースを聞いた事があるでしょうか。

何かと意見交換にたまにでますし、相当注目をして調べたりしている方などもいますから当方もこれを機会に情報を簡単にリサーチしてみました。

いまさっきも意識をして新型ロードスターに試乗してみたいを検索してみて改めて感じたのですがツイッターなどでも話題になってました。

このアイテムが日常にでて来て日頃の利便性があがるというのは、良いことですね。


【感激!】マツダ新型ロードスターに一番乗り! #LOVECARS


【感動】マツダ新型ロードスター、ファーストインプレッション #LOVECARS





マツダ新型「ロードスター」画像ギャラリー ─ 目標重量1トン、1.5リッターで131馬力 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150202-00010002-clicccarz-bus_all


2014年9月に日本をはじめ世界3か所で同時公開されたマツダの4代目ロードスター。東京オートサロン2015では、2015年6月の国内販売スタートが予告されるなど、そのデビューに向けてカウントダウンは始まっています。【画像ギャラリーを表示】そんな次期ロードスターの、エンジン出力や車重といった詳細スペック(目標値)が公開されています。

スタイリングは見慣れた印象もある次期ロードスター。スペックもじわじわと公表されていく模様です。

仕向地によって、1.5リッターと2.0リッターのSKYACTIV-G(ガソリン直噴)エンジンを使うことは、すでにアナウンスされていますが、日本仕様の目標スペックには、1.5リッター版を搭載していることが明記されました。


その最高出力は131馬力、最大トルクは150Nm。ロードスターの伝統に則ったのか、パワー自体はアピールする数字ではありませんが、最高出力を7000回転で発生する高回転ユニットは、スポーツドライビングの楽しさを感じさせてくれそうです。

『1.5リッターユニットは、軽量ボディとの組み合わせにより、街乗りからタイトなワインディング、そしてサーキット走行ま でワイドレンジ』なシーンをカバーするとされ、さらに『1.5リッターエンジンにおいては、タイトなワインディ ング路走行」をメインターゲットに加速フィーリングとエンジンサウンドを作り込んでいるといいますから、日本市場にはマッチしそうです。

だからといって2.0リッターがラインナップされないとも断言されていないので、二本立てになる可能性も捨て切れません。なお、2.0リッターユニットのメインターゲットは、「郊外路や高速道路のコーナリング』であり、具体的には『アウト バーンやアメリカのフリーウェイなど、高速・高負荷の走行シーンでも余裕を感じさせるパフォーマンスを追求』しているということです。

すでに発表されているように、エンジンをできるだけ車体中央に寄せることで、次期ロードスターでは前後重量配分50:50を目指しています。そうしたバランスと軽量化という目標のために、ボンネットやトランクリッド、フロントフェンダーなどを軽量素材のアルミとしています。


サスペンションはフロント・ダブルウィッシュボーン、リヤ・マルチリンク式。フロントアッパーアーム、ロアアーム、パワープラントフレーム、リアハブサポート、そしてフロントナックルがアルミ化されています。

そうした目に見えるハードウェアだけでなく、コントロール性についてもこだわっています。その基本的な姿勢は『クルマと対話しながらイメージ通りにコーナーを駆け抜ける』こと。そのために、シャシーとパワートレインをトータルで煮詰めているということです。

インテリアでは、スマートフォンと連携する「マツダ コネクト」を採用することがアピールされています。また、先進安全技術i-ACTIVSENSEの搭載も予告されています。


●新型ロードスター 開発目標スペック(日本仕様)
全長:3915mm(ライセンスプレート除く)
全幅:1730mm
全高:1235mm
ホイールベース:2315mm
車両重量:1000kg
乗車定員:2名
エンジン形式:SKYACTIV-G 1.5 直噴ガソリン
最高出力:96kW(131PS)/7000rpm
最大トルク:150Nm(15.3kg-m)/4800rpm
変速装置:6速MT
タイヤサイズ:195/50R16





コスモ石油のカーリース スマートビークル







posted by 倭太郎 at 21:26 | かー・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北陸新幹線 かがやき グランクラスについて


ちょっと気になっていましたが調べるタイミングがなかった北陸新幹線 かがやき グランクラスについて調べてみました。

北陸新幹線 かがやき グランクラスの話題は聞いた事があるでしょうか。

新しい商品などがたくさんタイムラインに表示されてきますが、よく取り上げられる北陸新幹線 かがやき グランクラスなので、話題を確認しているというような方もそれなりにいるのではないかと思っています。

新規の北陸新幹線 かがやき グランクラスが世に反映され繰り返す日常の便利さがあがるのは、喜ばしい事だと感じます。

参考情報を少々ピックアップしますね。

ほかの細かいツイートやニュースは、実際に自分で検索をして調査をしてみてみてはいかがでしょうか。


かがやき グランクラス 北陸新幹線


北陸新幹線デビュー!グランクラスもお披露目・・



航空券徹底比較『スカイスキャナー』






北陸新幹線にも「グランクラス」 実に快適と大前研一氏絶賛 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150109-00000004-pseven-bus_all


 2015年に起きるブームは何か。様々な予測が出ているが、大前研一氏は3月に開業する「北陸新幹線」に注目が集まるのは間違いないという。これまでの新幹線開業と北陸新幹線との違い、導入される新幹線のファーストクラス「グランクラス」の魅力について、大前氏が解説する。

 * * *
 2015年に新たなブームとなることが確実なのが「北陸新幹線」だ。3月14日に金沢・富山〜長野間が開業し、速達タイプの「かがやき」(1日10往復)は、現在4時間前後かかる金沢〜東京駅間を2時間28分(富山〜東京駅間は2時間8分)で結ぶ。

 これまでも上越新幹線、東北新幹線、山形新幹線、秋田新幹線などが開業してきたが、それらの新幹線は終点の周辺に行くところや見るものがあまりない。

 しかし、北陸新幹線は別格だ。たとえば、加賀百万石の城下町・金沢の街は、日本三名園の一つである兼六園をはじめ、ひがし茶屋街、長町武家屋敷跡、近江町市場、金沢21世紀美術館など見所が豊富にある。

 金沢だけでなく、富山は「おわら風の盆」が有名だし、富山の隣の黒部宇奈月温泉駅は黒部峡谷と宇奈月温泉、金沢から北陸本線で25分ほどの加賀温泉駅は「関西の奥座敷」と呼ばれてきた加賀4湯(粟津温泉、片山津温泉、山代温泉、山中温泉)を擁(よう)し、近隣の観光地にも事欠かない。

 新鮮な日本海の幸、レベルの高い和食や和菓子など美味しいものが山ほどあり、加賀友禅、九谷焼、輪島塗、金沢箔、加賀蒔絵(まきえ)といった伝統工芸品も多彩だ。

 しかも、金沢から特急サンダーバードで1時間の和倉温泉をはじめとする能登半島、長野と糸魚川の間に位置する飯山および上越高原が首都圏からぐんと近くなる。

 とくに飯山は、冬になると私が毎週末スノーモビルを楽しみに通うほど大好きなところだが、周辺には斑尾(まだらお)高原や野沢温泉などの良質なスキー場と温泉がいくつもあり、春は千曲川のほとりに詩人の山村暮鳥(ぼちょう)が『風景』という27行の詩のうち24行を「いちめんのなのはな」と連ねて表現した、まさに一面真っ黄色の菜の花畑が広がる。

 また、北陸新幹線は車両(E7系/W7系)自体のデザインや色が洗練されていて美しい上、東北新幹線と同じくグリーン車よりも上位の「グランクラス」(旅客機で言えばファーストクラス)が1両(18席)導入される。通路を挟んで普通車は2席・3席、グリーン車は2席・2席の配列だが、グランクラスは1席・2席でゆったりしている。

 すでに長野新幹線の「あさま」にも導入されているので、試しに軽井沢へ行く際に利用してみたら、実に快適なのですっかりリピーターになってしまった。ハイエンド向けに「グランクラスで行く至福の金沢」というような高級パッケージツアーを作れば、JR九州のクルーズトレイン「ななつ星in九州」と同様に大ヒット間違いなしだと思う。

※週刊ポスト2015年1月16・23日号











posted by 倭太郎 at 17:59 | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型車発表


ネットサーフィンしていたらトヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表が気になったので調べてみました。

よかったら読んでみてください。

ここ最近表示数がのびてるトヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表の情報などは確認していますか。

今日までに全くこのトヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表っていうのは、気に事したすらない話題だったのですが頻繁に目につくので気になって少しだけ検索しました。

トヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表をiPhoneで検索してみて改めて感じましたがSNSなどでもニュースになっているんですね。

良い機会情報を分かる範囲でピックアップしてみますね。


【価格 サイズ】2015 トヨタ 新型 アルファード ヴェルファイア詳細発表

【トヨタ新車発売】新型アルファード・ヴェルファイアがフルモデルチェンジ!!









ヤフーニュースより引用

【トヨタ アルファード / ヴェルファイア 新型発表】吉田専務「法人のお客様の拡大に期待」 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150126-00000045-rps-ind


トヨタ自動車は1月26日に都内で新型『アルファード』『ヴェルファイア』の発表会を開いた。開発部門を担当する吉田守孝専務役員は 「他社にないミニバンの高級車ができた。法人など新しいお客様が増えるだろう」との手応えを表明した。[関連写真]今回の全面改良では「新しい高級車の概念」を追求したというだけに、「堂々としたデザインに加え、居住性の面でも高級サルーンにふさわしい造りになった」と、アピールする。「1から作り直した 」プラットフォームにより、静粛性や乗り心地も大きく改良したことから「従来、ミニバンに乗っておられなかった方々にも乗っていただける」と見る。

これにより「当社の社長のように、法人のお客様も増えるだろう」と期待している。旧モデルでも法人比率は2割程度に達しているが、乗降のしやすさや、移動時の打ち合わせなどの利便性からも「さらに拡大するだろう」との見方だ。ちなみに豊田章男社長は、社用車の1台として従来モデルのヴェルファイアを愛用しているという。

《レスポンス 池原照雄》










posted by 倭太郎 at 23:32 | かー・バイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。