メール便廃止の理由は?


いつもブログを見ていただきありがとうございます。

本日も参考までに読んでみてください。

最近ツイッターでメール便廃止の理由は?というのがやたら自分の閲覧画面に流れているように感じます。

先にあげたメール便廃止の理由は?は、いままで全く気にかけたもこともなかった情報でしたが、おどろく位に見る機会が多かったので意識して分かる範囲で検索をしてみました。

実際に簡単に調べましたがメール便廃止の理由は?というのは少しだけニュースになってました。

良いタイミングですから、ページでもメール便廃止の理由は?の情報を分かる範囲でピックアップしてみます。

更に詳しいツイートやニュースは、Gニュースなどでご自身でググルなどして簡単に確認をしてみると良いです。


ヤマト運輸、クロネコメール便を3月末で廃止へ(15/01/22)

ヤマト運輸がクロネコメール便を廃止











ヤフーニュースより引用

クロネコメール便が3月31日で廃止 メール便に代わるサービスとは? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150123-00010003-manetatsun-bus_all


 ヤマト運輸が提供するクロネコメール便が、3月31日で廃止になるというニュース。普段メール便をよく利用される方なら、ショックを受けられたのではないでしょうか? わたしもショックを受けた一人ですが、落ち込んでばかりもいられないので、クロネコメール便の代わりに使うことになりそうなサービスを調べてみました。

 実際に廃止されるのは3月末ですからまだ時間はありますが、3月末になると駆け込み利用で配達遅延が起こることも考えられますから、今から他のサービスについて知っておき、スムーズに移行できるように準備しておきましょう!












posted by 倭太郎 at 18:45 | 国内ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスラム国 人質 日本人 湯川さんにかんして


なかなか書けなかったイスラム国 人質 日本人 湯川さんについて本日は書いてみようと思います。

おっ!と思うような商品などが毎日のように話題に表示されてきますがイスラム国 人質 日本人 湯川さんに関するニュースを聞いた事がありますか。

色々なところで話にでますし、それなりに意識して情報を集めたりしている方もいますから当方も意識的にイスラム国 人質 日本人 湯川さんに関するニュースを少し確認してみました。

いまさっきも気になってイスラム国 人質 日本人 湯川さんを検索をしてみましたが、SNSでもニュースになってました。

予告時間が過ぎても何の反応もないのは不気味で心配になってしまいます。

「イスラム国」人質は湯川遥菜さん・後藤健二さんか(15/01/20)



「イスラム国」日本人人質事件の裏側を青山繁晴が暴露!ISISの現状と目的がヤバい!身代金2億ドルへの安倍総理の対応は?



人質殺害予告に対して日本国民の反応はイスラム国も想像していなかったと思われる斜め上な反応

イスラム国激怒!日本人のTwitter民が人質動画のコラ画像をISISへ送る



「イスラム国」日本人人質事件での日本政府の神シナリオ!自衛隊の海外派遣準備が進行中!青山繁晴と三橋貴明の解説から垣間見える日本再生





ヤフーニュースより引用

身代金支払い期限過ぎる、イスラム国から連絡なし 菅官房長官 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000000-jij_afp-int


【AFP=時事】イスラム教スンニ派(Sunni)の過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」が身代金2億ドル(約236億円)を支払わなければ人質の日本人2人を殺害すると脅迫していた事件は23日午後、身代金の支払い期限を過ぎた。「健二はイスラム国の敵ではない」、後藤さんの母 解放訴え会見 72時間とされていた支払い期限は同日午後2時50分に到来するとみられていた。菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官はその後の記者会見で、イスラム国からの新たなメッセージはないと明らかにするとともに、状況は依然として非常に厳しいが、日本政府は各国政府や部族の代表者などに協力を要請し、人質の解放に向けて最大限の努力をしていると述べた。

 日本政府は、身代金を支払わない方針を持っている英国と米国から、身代金の要求には断固として応じないよう圧力をかけられている。【翻訳編集】 AFPBB News




ヤフーニュースより引用

殺害脅迫ドキュメント 「人命第一」「連絡は」…緊迫の3日間 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150124-00000075-san-soci


 イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件で、日本政府が身代金支払いの期限とみる23日午後を迎えた。ビデオ声明が確認されてから72時間。人質2人を救出するため、政府関係者らは情報収集に奔走した。緊迫の3日間を追った。

 ◆20日(時間は日本時間)

 14・50ごろ イスラム国とみられるグループが、日本人2人を殺害すると脅迫するビデオ声明を、外務省がインターネット上で確認。声明では72時間以内に身代金2億ドルを支払うよう要求。直後にエルサレム滞在中の安倍晋三首相が報告を受ける

 15・00 首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置。外務省が斎木昭隆事務次官をトップとする緊急対策本部を、警察庁が高橋清孝警備局長をトップとする対策本部を設置

 15・30 安倍首相も映像を確認。周辺と対応を協議

 16・00 安倍首相が菅義偉(すが・よしひで)官房長官に(1)事実関係の確認に全力を尽くす(2)関係各国と協力し、人命第一に対応する−ことを指示

 16・35 菅官房長官が官邸で会見。ビデオの真偽、拘束された2人の身元はいずれも「確認中」と説明

 17・45 安倍首相がエルサレムで会見。「人命を盾にとって脅迫することは許し難いテロ行為」と2人の解放を求める。会見後、パレスチナ自治政府のアッバス議長と会談

 18・00ごろ 千葉市にある湯川遥菜(はるな)さんの実家で父が報道陣に「情報が交錯している中で、答えられることは何もありません」

 18・15 警察庁がヨルダンの首都アンマンに出張中の職員を国際テロリズム緊急展開班(TRT−2)として活動させると発表

 21・30ごろ 中山泰秀外務副大臣がアンマンに到着

 23・30 安倍首相がエルサレムで、ヨルダンのアブドラ国王と電話会談し、協力を要請。国王は「あらゆる協力を行う用意がある」

 ◆21日

 00・00 安倍首相がトルコのエルドアン大統領と電話会談し、協力を求める

 00・30 安倍首相がエジプトのシーシー大統領と電話会談し、協力を求める

 11・20 菅官房長官が官邸で会見。拘束された2人は後藤健二さん、湯川さんと判断、「イスラム国関係者による犯行である可能性が高い」との見解示す

 13・00 警察庁が外事特殊事案対策官らをTRT−2としてヨルダンに追加派遣すると発表

 16・26 安倍首相が羽田空港に到着

 17・48 関係閣僚会議で、安倍首相がテロ対策に万全を期すよう指示。「あらゆるチャンネル、ルートを最大限生かしながら政府を挙げて手段を尽くす」

 22・35 中山外務副大臣がヨルダンのアブドラ国王と会談

 ◆22日

 9・10ごろ 湯川さんの実家で母が報道陣に「ちょっとだめですね。すみません」と言葉少なに話す

 10・00 イスラム学者で元大学教授の中田考氏が東京都内で会見。「自分が交渉に向かう用意もある」

 11・20 菅官房長官が官邸で会見。2人の安否は「承知していない」

 14・00 安倍首相がオーストラリアのアボット首相と電話会談

 19・15 安倍首相が英国のキャメロン首相と電話会談

 ◆23日

 9・30 後藤さんの母が都内で会見。「健二はイスラム国の敵ではない」と解放を訴える

 10・10ごろ 湯川さんの父、報道陣に政府関係者からの連絡の有無を問われ、「ご勘弁を」

 13・03 国家安全保障会議(NSC)を官邸で開催し、情報収集や交渉ルート確保に全力を挙げる方針を関係閣僚と確認

 14・50 政府が「72時間の期限」とする時刻を迎える。現地対策本部がある在ヨルダン日本大使館周辺も緊迫した空気に包まれた

 16・07 会見で「犯行グループ側からの連絡はない」と菅官房長官












posted by 倭太郎 at 09:13 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

介護業界は人材不足


なんか介護業界は人材不足って気になりますよね。





SNSで介護業界は人材不足というのが頻繁に己のタイムラインに表示されていませんか?介護業界は人材不足は、今日までに全然気にした事がなかった話題だったのですが、驚くくらいに目につくので気にして少々検索してみました。

実際に簡単に調べてみたのですが介護業界は人材不足って多少なりともニュースになっていると感じました。

良い機会ですから、このサイトでも介護業界は人材不足の情報を少し引用しますね。

より詳しいニュース等は、あなた自身でサーチをして調査してみてみてはいかがでしょう。







"

介護報酬の9年ぶり引き下げでどうなる?最大の課題・認知症ケアに本腰入らず http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141229-00064419-diamond-soci

 厚労省の介護保険改訂の審議が大詰めを迎えた。

消費税の10%アップが見送られたこともあり、介護サービスの総報酬が9年ぶりに引き下げられる。

審議会委員や介護業界からは撤回を求める声が一斉に上がったが、総報酬はあくまで政治判断。

予算編成の中で決まるため審議会としては立ち入れない。

 そこで、2014年の春先からからの審議過程を振り返り、改訂されるサービス内容を点検していく。

高齢者ケアの最大課題である認知症に焦点を当てた。

● 消費増税の延期で 社会保障財源は5000億円弱も減少へ 介護サービスの見直しを審議していたのは社会保障審議会介護給付費分科会。

夏から毎月2、3回の集中審議を重ね、年内最後の12月19日には論点の取りまとめに入ると同時に厚労省から新しい改定案が示された。

目を引くのは、特別養護老人ホーム(特養)と通所介護(デイサービス)の報酬引き下げである。

 サービス内容の改定案に入る前に、報酬の値下げについて関係官庁や業界の主張などを整理しておこう。

 同審議会の4日後に開かれた経済財政諮問会議では、改めて消費増税分を財源に想定していた介護サービスの絞り込みが確認された。

安倍首相は「社会保障の自然増も含め、聖域なく見直しを行う」と歳出削減を念頭に置いた考えを強調。

だが、かつての小泉首相時代の「社会保障費の伸びを年2200億円抑制する」といった目標数値を明示するほどの意気込みはなさそうだ。

 とはいえ、何しろ予算全体の3割超を超えるのが社会保障費。

2013年度予算の30兆5000億円を上回るのは必至である。

あてにしていた消費増税が延期されたため社会保障財源は5000億円弱も減ってしまい、介護報酬を引き下げが現実味を帯びてきた。

 かねてから予算編成にあたる財務省は引き下げ幅を6〜4%台と主張。

これに対して厚労省は1%程度に抑え込みたい意向だ。

1%値下げすると、投入する税は260億円削減できる。

 介護報酬は、3年ごとに見直される介護サービスと併せて改訂されてきた。

2015年から始まる3年間はその第6期目にあたる。

2014年度の介護保険総費用は約10兆円に達しており、介護保険が始まった2000年度の3兆6000億円から大きく膨らんでいる。

もし1%引き下げると、税や保険料、1割の利用者負担分など合わせて1000億円が浮く。

 だが、介護事業者への収入がそれだけ減額されることになり、人手不足の深刻化に拍車をかけ、現場のサービスの質にも影響しかねない。

介護職員の平均賃金は月約22万円で、同32万円の全産業平均との開きがなお進みそうだ。

 大幅な減額を唱える財務省がその根拠としているのは、特養やデイサービス事業者の「儲け過ぎ」の実態である。

収入と支出の差である「収支差率」が特養で9%近く、デイサービスで10%強。

一般の中小企業の利益率2.2%(13年度)を大きく上回っている。

 さらに、財務省は介護職向けに新たに「処遇改善加算」を設ければ、月1万円の給与アップが可能として、賃金の値下げにはつながらないと説明している。

 厚労省、介護業界側と財務省、官邸の攻防戦が年明け以降も続きそうだ。

2015年1月には決着がつく。











posted by 倭太郎 at 15:11 | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。